「障害者控除」とは、納税を行う人本人や、その配偶者、または納税者の扶養家族の中に障害者がいる場合、適正な手続きを行えば所得の控除や住民税の控除を受けられる、という制度です。

控除の対象となる障害には、一般障害者と特別障害者に分けられ、それぞれ所得税の控除金額は一般の場合は27万円、特別の場合は40万円と金額が変わってきます。また、住民税の控除金額は一般では26万円、特別な場合では30万円となっています。

所得税の控除を受けるには、働いてお金をもらっている方は、勤務先から提出されるように言われる「扶養控除等(異動)申告書」にて申請する必要があります。そこに、配偶者や扶養者の名前を書く欄がありますから、「誰が障害者である」との記載をします。また、障害の状態も明記しおきます。

自営業などで、自分で確定申告をされる方などは、確定申告書に「誰が障害者であるか」などの明記をし、控除される金額を自分で控除しておく必要があります。

なお、住民税の控除についての手続きは、所得税の控除手続きを済ませた方ならば、とくに必要ありません。というのも、所得税の控除手続きをした時点で、住民税の控除手続きは自動的にされるからです。