被相続人が残した遺産を相続する際に、相続人が複数いる場合は全ての相続人が共有して相続することになります。この複数の相続人が遺産を共有している状態でも法律上は何も問題ではないのですが、複数の人が共有しているために遺産を処分するなどの際は全員の許可が必要となります。そのため相続人一人ひとりに遺産を配分して、各自の意思により遺産を活用できるようにすることが出来ます。それを遺産分割といいます。
この分割に関してはいつまでに行わなければいけないという期限はありませんし、またその分割出来る権利が消失することもありません。
しかし相続をしてから10ヶ月以内の相続税の申告期限までに分割を行わなければ、配偶者軽減や小規模宅地等の特例を受けられなくなります。
分割に向けての流れはまず相続人全員で協議を行いますが、この協議で話がまとまらない場合には、家庭裁判所で調停による分割を行うことになります。調停不成立の場合は審判による分割を行いますが、審判に不服がある場合は高等裁判所での審理となります。
遺言がありましたら遺言通りに遺産は配分されますので、もめることはなくなります。親族間でのトラブルは避けたいので出来るだけ被相続人は生前に遺言を残しておくようにしたいです。