遺産を相続した場合には相続税を支払わなければいけません。相続税には様々な控除が設けられていますが、その控除の中の一つに障害者控除があります。
障害者控除を受けられる要件としては、相続開始時点において日本国内に住所があり、85歳未満の障害者で法定相続人であることが条件です。
相続税から控除できる金額は、相続人である障害者が満85歳になるまでの年数に対して1年につき6万円をかけた金額が控除出来ます。また特別障害者の場合は1年につき12万円が控除される金額となります。平成27年1月1日以降に相続が開始した場合は、1年につき10万円の控除が受けられ、特別障害者の場合は20万円の控除を受けることが出来ます。
1年未満の端数がある場合は切り上げて1年として計算されますので、もし84歳を超えていても6万円の障害者控除を受けることが出来ます。
この障害者控除額が相続税額を上回ってしまい控除額を全て使い切れなかった場合には、その障害者の扶養義務者から差し引くことも出来ます。
以前の相続において障害者控除を受けたが、再び相続により障害者控除を受ける場合は制限が設けられています。
前回の相続時に算出した控除額の内、控除しきれなかった金額のみが今回の控除額となります。